(出典:http://www.kamuylumina.jp/) まりもでおなじみの阿寒摩周国立公園で、今大注目の施設が「KAMUY LUMINA(カムイルミナ)」です。2019年7月にオープンするやいなや、デジタルアートで彩られた幻想的な夜の阿寒湖畔を巡る、特別な体験ができるとあって大人気。アイヌ民話をもとにした世界観も素敵です!   実は、国立公園でのナイトウォークのオープンは世界初。しかも、シルク・ド・ソレイユの演出などを手掛けるカナダのマルメディア・エンターテイメント・カンパニー「MOMENT FACTORY」の最新作とあって、クオリティがすごいんです!   この記事では、そんな「KAMUY LUMINA」の魅力をたっぷりご紹介します。   フクロウに導かれて、アイヌの神(カムイ)の世界へ (出典:http://ja.kushiro-lakeakan.com/things_to_do/13115/) ナイトウウォークのストーリーのベースは、阿寒エリアのアイヌに語り継がれてきた「フクロウとカケスの物語」。人間の勝手に怒ったカムイを説得するために、村の守り神であるフクロウはカケスと一緒に、神の世界へと向かいます。   出発時に渡される「リズムスティック」を片手に、阿寒の森へいざ旅立ち!光や音が出るリズムスティックは物語を動かす重要アイテム。リズムスティックの明かりと最小限の照明を頼りに、散策をします。 (出典:http://ja.kushiro-lakeakan.com/things_to_do/13115/)   闇に包まれた静かな森を歩くのは、ちょっぴりどきどき!ちょっとした木々のざわめきにも、ハッとさせられます。非日常感たっぷりです。   森や湖に映し出されるデジタルアートがすごい (出典:http://ja.kushiro-lakeakan.com/things_to_do/13115/) ライトアップされた阿寒湖の森や湖は、ファンタジーの世界そのもの。ストーリーの展開に合わせて繰り広げられる、光や音の演出に思わず見とれてしまいます。もともとある自然とデジタルアートの組み合わせが絶妙です!   道中では、案内役のフクロウやカケスのかけあいも楽しめます。さらに、シカや小鳥などの可愛らしい動物たちやアイヌの小人・コロポックルの姿も。本当にアイヌ民話のなかに入り込んだような気分になれました。 (出典:http://ja.kushiro-lakeakan.com/things_to_do/13115/) デジタルアートのなかでも、特にカムイの怒りのシーンは圧巻。ボッケと呼ばれる泥と水が地中から噴き出る泥火山をフルに生かした迫力ある演出に、思わずブルっとしちゃいました。氾濫して次々と姿を変える河にしばし呆然。迫りくる音もすさまじかった…。あたりに漂う硫黄の臭いが、さらに雰囲気を盛り上げていました。 (出典:http://ja.kushiro-lakeakan.com/things_to_do/13115/)   途中、リズムスティックでリズムを刻むシーンもあり、自分も参加している感があって楽しかったです!   1時間ほどで冒険は終了。ラストは思わず感動してしまいました。通常のものと違って本当の自然の中を歩いているので、世界観にどっぷり浸れてすごく楽しかったです。冒険が終わってからも、リズムスティックから流れたアイヌの歌が耳に残る、そんな特別な時間を過ごせました。

By SenriTomo 続きを読む

札幌市街地から車で約1時間。人気の温泉郷「定山渓」は名湯を楽しむ以外にも見どころいっぱいのエリアです。今回は圧巻の紅葉スポット、ファミリーで楽しめる定山渓ファーム、スキーリゾートの魅力をお伝えします。定山渓は紅葉の名所定山渓は道内屈指の紅葉の名所として知られています。特に豊平川にかかる真っ赤な「二見吊橋」や「舞鶴の瀞」は紅葉の絶景スポット。渓谷を流れる静かな川と燃えるような鮮やかな木々が圧巻です!切り立った岩肌を覆うような紅葉と河童伝説で有名な「かっぱ淵」などを望むことができ、絵画のような美しい景色を見ようとたくさん観光客が訪れます。定山渓の紅葉のピークは10月中旬頃ですが、シーズン中は混雑が予想されますので余裕を持ってお出かけください。 また、定山渓内では「紅葉かっぱバス」が運行しています。定山渓の紅葉見どころを地元のガイドの方が案内してくれる名物バスツアーですが、筆者は次回定山渓を訪れたときには、「紅葉かっぱバス」や壮大な渓谷美を水上から楽しめるカヌーツーリングも楽しみたいと思っています。 広大なフルーツテーマパーク「定山渓ファーム」 「定山渓ファーム」は21ヘクタールにも及ぶフルーツテーマパークです。6月から11月上旬にかけては、イチゴやさくらんぼ、ブドウ、梨などの果物狩りが楽しめます。標高が高い場所にあるため、寒暖差のある環境の中で育った果物はどれもとっても甘いのです!果物狩り以外にも、野菜の収穫や魚釣り、ツリートレッキング、ジャムやピザ作りなど、いろいろな体験をできるのが魅力。冬は果樹園の斜面で雪遊びやチューブスライダーも楽しめますよ。「定山渓ファーム」には、フードコート、バーガー&カフェの「エアストリーム」があり、祝日や夏休み期間中には園内を移動するキッチンカーも登場します。ちなみに「定山渓バーガー」はフルーツを使ったソースが絶妙で食べ応えも満点でした!北海道の自然に触れ合える「定山渓ファーム」はファミリーでアクティブに楽しめるスポットとしておすすめです。 「定山渓高原札幌国際スキー場」で極上のパウダースノーを楽しむ粉のようにサラサラしたパウダースノーはスキーヤーやスノーボーダーにとって、好適な雪質です。そんなパウダースノーが楽しめるスキー場は、なんといっても北海道でしょう。札幌中心部から車で1時間程、定山渓温泉街からは車で30分程の「定山渓高原札幌国際スキー場」なら、パウダースノーを思う存分楽しめます。初級者から上級者まで対応した7コースの他に、ソリやチューブを楽しめるスノーパークもあります。積雪量が多いためシーズンが長いことが特徴。高速4人乗りリフトも登場し大好評です。【画像】二見吊橋、舞鶴の瀞https://jozankei.jp/gallery/tourism-and-stroll/5751https://jozankei.jp/gallery/tourism-and-stroll/5328【画像】定山渓ファームhttps://jozankei.jp/gallery/tourism-and-stroll/5245https://jozankei.jp/gallery/tourism-and-stroll/5119【画像】定山渓高原札幌国際スキー場https://jozankei.jp/gallery/tourism-and-stroll/5091https://jozankei.jp/gallery/tourism-and-stroll/5093

By SenriTomo 続きを読む
Just added to your wishlist:
My Wishlist
You've just added this product to the cart:
Go to cart page